ボランティア団体岐阜城盛り上げ隊
部隊 理念
歴代城主 活動報告
岐阜市の天気 交通アクセス
お問い合わせ リンク
武将隊
蝮の諸国漫遊遠征記「岐阜城盛り上げ隊」斎藤道三の,遠征,外交,漫遊を書き上げた画日記
岐阜城盛り上げ隊fecebook
武将隊
北条早雲らと並ぶ下克上の典型であり、僧侶から油売り商人を経て戦国大名に成り上がった「美濃の蝮」の異名を持つ人物。

1960年代に始まった「岐阜県史」編纂において、永禄3年の(1560年)付けの「六角承禎書写」が 発見され、道三一代のものと考えられていた「国盗り物語」は、新左衛門尉(道三の父親)と二代にわたる可能性が高くなった。
    
天文23年(1554年)まで美濃の国主として君臨した後、嫡子の義龍に家督を譲ったが、ほどなくして義龍と義絶し、弘治2年(1556年)4月に長良川河畔で義龍軍と戦い敗れ、討ち死にした。
美濃の戦国大名斉藤氏の第2代当主。
室町幕府相伴衆。
実父は土岐頼芸と言う逸話が有名であるが、信憑性はなく、後世の創作の可能性が高い。

道三が、義龍を廃嫡して、正室の小見の方の腹である孫四郎を嫡子にしようと考えた為、弘治2年(1556年)4月、長良川で道三を討つ。
長年の内乱で混乱した所領問題などを処理するなど、内政にも長ける。

永禄4年(1561年)5月11日に急死した。
斎藤道三の弟にして 道三>義龍>龍興の斎藤家3代に仕えた
重臣。
美濃可児郡・中美濃に勢力を築き、対織田戦で活躍。

美濃兼山・関城主。

稲葉山城陥落後は、龍興と落ち延び、信長と徹底交戦を行う。
道利が亡くなった後、子孫は姓を井上と改め信長>秀吉と仕えた。

青年期は斎藤道三に仕えるも、弘治2年(1556年)、道三と義龍の争いの際、道三方に味方し、義龍に明智城を攻められ一族が離散したとされる。
光秀の叔母は斎藤道三の夫人であったとされることから、信長の正室である斎藤道三の娘(濃姫)が光秀の従兄妹である可能性で、縁を頼ったとも...

天正10年(1582年)6月「敵は本能寺にあり!」と発言し、主君信長の討伐の意を告げたといわれる。

土岐氏、斎藤道三から斎藤氏三代、織田信長、豊臣秀吉に仕え、安藤守就、氏家直元と伏せて美濃三人衆と併称される。

姉が深芳野の説があり、義龍を生んだとされる。
戦上手であり、幾度の合戦で武功を挙げる。

茶道を好み、文化人でもある。

江戸幕府の第三代将軍・徳川家光の乳母となり権勢を振るった春日局(ふく)の外祖父にあたり、養祖父でもある。

リロちゃんは元気いっぱいの女の子。
大好物は、ドングリとチョコレート。最近は、ぽっちゃり体型を気にして、お散歩にお出かけすることもしばしば・・・。

リスの日(8月を除く毎月11日)や晴れた日はリス村の前で会うことが
できるかもね♪
ときどき山を下りて公園内をお散歩することも・・・。

みんな、リロちゃんに会いに遊びに来てね!
【 詳しくはホームページにて 】